剣道の左足の構え方について

剣道

私は中学校の頃から足の踏み込みの弱いことで悩むことが多くて、綺麗な踏み込みで鮮やかに技を決めれる人が羨ましいと思っていました。

練習では高校時代の先生に指導してもらって稽古法を教えてもらったり、綺麗な踏み込みをしている人の動きを真似たりして修正を試みましたが依然としてスッキリ納得がいく踏み込みに至っていません。

高校と大学時代に常歩剣道の足さばきを身に付けている人に何人か出会いました。自分がこの人は強いなと思う選手はみんな足のさばきが安定感があり、稽古で意識して身に付けている感じの人もいれば、強豪校でもまれて沢山稽古しているうちに身に付いた感じの人もいます。

剣道が強い人の中には、そこまで身体能力や運動神経がよさそうには見えない人も中にはいます。そういう人は体つきがずんぐりした感じで足の使いかたがいつもぶれなくて安定感があります。掛稽古の時も動きがぶれないのであまり息を切らしていない印象があります。

私は小学校時代から現行法の指導を受けていて、相手を打つ時は左足はひかがみを張って固くして、右足で踏み込むと同時に左足を後方に蹴って、打突と同時にすぐに左足を引き付けるようにという指導を受けてきました

小学校の稽古は厳しくて強い人も何人もいて、踏み込みもしっかりしている人も沢山いましたが、なかなか踏み込みが身につかなくて一生懸命稽古をしているのに試合であまり勝てなくて補欠のポジションに納まってしまう人も中にはいました。

私は総合力で中学校までは相手に勝つことが多かったのですが、高校時代から特に足さばきがきちんとしている人は自分よりも格上な印象を持つようになりました。

それからはそういう人に何とか追いつきたいと思い、色々な方法を試しました。鎮西高校では、竹刀に面をつるして水平移動するというトレーニングがありそれを自主トレで行いました。下半身の動きを安定させるためのトレーニングです。

最近は気功を身に付けるために太気拳の道場に通ってそこで立禅と這のトレーニングを学びました。立禅と這は主に武道に必要な安定した足を身に付けるために効果がある運動なので剣道にも効果があるに違いないと思い、毎日欠かさず公園で練習しました。立禅はいまも継続しています。

私は剣道の足を身に付ける事は簡単ではないと思います。合理的な足の使い方といわれている常歩剣道の足さばきは、現行の足の指導とは大きく異なっていて、左足は重心を乗せつつも弾力を持たせる感じで緩く構えて、攻め込むときは右足から攻めるのを意識して

左足は右足の踏み込みで自動的にひきつけられるので、左足を後方に蹴る動きや左足を右足にひきつけるというのは意識しないようになります。左足の力を抜いたりも必要になるので、現行のひかがみを張って固くするという方法をすると、常歩剣道の動きがしにくくなってしまいます。

足さばきが苦手に感じている人は、現行の方法と常歩の足さばきを両方学んで、自分に合ったスタイルを模索したほうがいいと思います。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました