宮崎の高校野球名勝負名チームの記録

宮崎の高校野球名勝負名チームの記録

聖心ウルスラ学園高校

聖心ウルスラ学園は県北を代表する強豪校で、毎年県大会の上位に顔を出すようなチームである。名将の小田原仁監督にしっかり鍛えられた、安定感のある守備力と県内上位クラスの打撃力が特徴で、強豪らしい風格も兼ね備えたチームである。あと一歩のところで甲子園出場を逃すことが多い。
宮崎の高校野球名勝負名チームの記録

山本投手の都城高校

2015年頃から、都城高校に常時140km中盤の剛速球を投げられる、山本投手という選手がいるらしいということが、インターネットの掲示板で噂になっていて、私も興味を持ち、球場に足を運んで直接見に行ったりしていました。山本投手を擁する都城高校の活躍について記述しています
宮崎の高校野球名勝負名チームの記録

都城商業高校のベスト8進出

2009年の夏の全国高校野球選手権大会に県代表として出場した都城商業の戦いの記憶を書き記しました。都城商業はmax140kmオーバーの本格派右腕の新西投手と本格派左腕の 藤本投手を擁して、打線や守備も実力があり、スケールの大きいチームでした。
宮崎の高校野球名勝負名チームの記録

都城泉ヶ丘高校の選抜甲子園初出場

2007年に都城泉ヶ丘高校が選抜高校野球大会に初出場した時の、チームは対戦成績に関することを記述しています。都城泉ヶ丘高校はコントロールが持ち味の好左腕諏訪投手を擁する守備型のチームでした。緒戦で強豪の桐生第一高校と対戦して勝利を収めました。
宮崎の高校野球名勝負名チームの記録

日南学園の特徴と県の高校野球にもたらした変化

日南学園高が新しく台頭して、宮崎県の高校野球は明らかにレベルアップしました。甲子園の宮崎県代表はそれまでは、相手校に押される試合展開が多かったのですが、互角の試合を演じれるようになりました。日南学園高校の小川監督は県内の高校への野球技術力向上への協力を惜しまない人で、県内の野球の風土や士気を損なわないようにしっかり配慮していました。
宮崎の高校野球名勝負名チームの記録

日南学園の活躍した世代

日南学園の甲子園で活躍した世代の記録を記述しています。1995年に春夏連続出場を果たします。その後も強力打線に好投手を擁した大型チームを数年おきに甲子園に送り出しました。赤田選手や寺原選手や井手選手などのプロでも活躍した選手も出場しています。
宮崎の高校野球名勝負名チームの記録

日南学園が新勢力として台頭してきた

1995年に新勢力として宮崎県の代表校として日南学園が初出場で選抜高校野球大会で初出場を果たし、夏の全国高校野球選手権大会も連続で出場を果たした。この時に、 全国に宮崎に日南学園という強豪チームが有ることを強くアピールした
宮崎の高校野球名勝負名チームの記録

小林西高校の躍進

小林西高校がノーシードで夏の県大会を優勝して、甲子園の初出場を決めて、甲子園でベスト8まで進んで、旋風を巻き起こしたときの記憶を書き綴っています。緒戦学法石川、2回戦長崎日大、3回戦高知商業、準々決勝常総学院、
宮崎の高校野球名勝負名チームの記録

 最初に高校野球を見始めた時

私が高校野球を見るようになった頃のきっかけの話や、その時の宮崎県勢の印象や、九州勢との関係や全国の勢力図に関して書き綴っています。都城×PL学園、延岡学園×四日市工業、樟南×佐賀商業、鹿児島実業、西日本短大付属、帝京、沖縄水産、仙台育英。
タイトルとURLをコピーしました