tamochan

剣道

日常の生活・姿勢を見直す

剣道は普段の稽古の取り組み以外でも、普段の生活習慣がパフォーマンスに影響を 与えやすい競技です。普段の生活態度が丁寧な人は、剣道の稽古もよく気を配って 稽古をするので、剣道では、こういう繊細な感覚が上手さとなって現れてきます。
剣道

剣道に対する筋トレと立禅の比較

立禅は、実戦に近い動きなので、これらのすべての要素を同時に鍛えることができます。なので剣道の競技力を上げたい場合は 筋トレよりも立禅のほうが着実な効果が見込めると考えられます。
気功

立禅で効果を出すためのポイント その2

立禅は特定の部位にかかる負荷はそこまで強くありません。筋トレに慣れている人は 何か刺激が物足りない感じを抱くかもしれません。実際の重量に加えて立禅は自分で重みをイメージ するということがとても重要です。
剣道

稽古以外の日常生活の取り組み

稽古以外では、姿勢が曲がらないように気を配っています。椅子はあまり利用しないで、胡坐か正座の状態で パソコンに向き合うようにしています。移動するときは、自転車を主に愛用しています。歩くときは常歩 で歩くようにしています。私は日常生活の動作や姿勢も剣道のパフォーマンスに影響すると考えています。
剣道

剣道できつい稽古をやることについて

きつい稽古も必ずある剣道という競技を生徒に自主的に取り組ませることは難しいテーマですが 指導者は稽古法を工夫して、充実感や達成感を持たせるようにすることがとても大事だと思います。
剣道

剣道を続けてきて良かったこと

剣道をやってきたことで、自分よりも努力している人にたくさん出会うことができたし 視点が違う考え方にたくさん触れることができました。勝負の奥深さも沢山味わうこと ができました。
剣道

剣道で大切な体の部位

剣道では、腕や手首、胴体、お尻、膝、ひかがみなどどの部位も 重要な働きをしていますが、私が特に大事だと思っていて 強くなるために重要なのが、胴体の 丹田から股下当たりの部位であると考えています。
気功

太気拳の稽古法に関する考察

私は剣道の稽古はもう少し取り組みやすいものにした方が良いと思います。これからの子供は 主体性や好奇心などが求められていると感じています。そのためには立禅などの太気拳の稽古を 取り入れることが有用だと私は思います。
プロ野球観戦記

日本ハムファイターズのスタメン紹介 投手陣 編

プロ野球の日本ハムファイターズのスタメンを紹介しています。投手陣編 紹介選手。上沢直之。加藤貴之。池田隆英。伊藤大海。河野竜生。
プロ野球観戦記

日本ハムファイターズのスタメン紹介 野手編 2

プロ野球の日本ハムファイターズのスタメンを紹介しています。野手編2回目 紹介選手、万波中正、清宮幸太郎、水野達稀、清水優心、松本剛。
タイトルとURLをコピーしました