剣道と気功を語る

剣道と気功に取り組んできたことに関する話題です

剣道

剣道を続けてきて良かったこと

剣道をやってきたことで、自分よりも努力している人にたくさん出会うことができたし 視点が違う考え方にたくさん触れることができました。勝負の奥深さも沢山味わうこと ができました。
剣道

剣道で大切な体の部位

剣道では、腕や手首、胴体、お尻、膝、ひかがみなどどの部位も 重要な働きをしていますが、私が特に大事だと思っていて 強くなるために重要なのが、胴体の 丹田から股下当たりの部位であると考えています。
気功

太気拳の稽古法に関する考察

私は剣道の稽古はもう少し取り組みやすいものにした方が良いと思います。これからの子供は 主体性や好奇心などが求められていると感じています。そのためには立禅などの太気拳の稽古を 取り入れることが有用だと私は思います。
気功

立禅の重要な効果

立禅は太気拳の武道的な体つくりをするための重要なトレーニングですが、 その効果は幅広く、日常生活でも役に立つ部分が多いものです。その重要な 役割を説明したいと思います。
剣道

剣士に求められるコンディショニング

剣道を継続させて着実に力をつけるためには、健康管理をしっかり行う必要があります。 剣道の健康管理には、怪我・障害対策、食事管理などがあります。一つ目の剣道で起こりやすい怪我・障害対策には、アキレス腱断裂、捻挫、腰痛、貧血、熱中症、 ささくれによる目の怪我の対策があります。
剣道

強豪と戦うためにはどうすればよいか?

強豪選手にとって、相手から勢いがあって、予測しにくい動きをされると怖さを感じると思われます。 なので、よく動きながら相手の隙を見つけて攻めてこんでいくように心がけているといくと、 良い勝負になっていくと考えられます。
剣豪の紹介

剣豪の紹介 11 上泉信綱

上泉 信綱は、戦国時代の日本の兵法家で武将。剣聖と讃えられる剣豪の一人で、新陰流の祖。上泉城主であるとともに、兵法家として 陰流・神道流・念流などの諸流派を学び、その奥源を究め、特に陰流から新陰流を大成した。剣聖と謳われ、袋竹刀を発明したとも伝わる。多くの流派の祖とされ、 様々な伝承が各流派に伝わる。
剣豪の紹介

剣豪の紹介 10 伊藤一刀斎

伊藤 一刀斎は戦国時代から江戸初期にかけての剣客。 名字は伊藤とも。江戸時代に隆盛した一刀流剣術の祖であるが、自身が「一刀流」を称したこと はなかったという。諱は景久、前名、前原弥五郎。弟子に小野善鬼、古藤田俊直、神子上吉明ら。
剣豪の紹介

剣豪の紹介 9 塚原卜伝

塚原 卜伝(つかはら ぼくでん)は、日本の戦国時代の剣士、兵法家。父祖伝来の鹿島神流 (鹿島古流・鹿島中古流)に加え、天真正伝香取神道流を修めて、鹿島新當流を開いた。
剣豪の紹介

剣豪の紹介 7 内藤高治

内藤 高治は、日本の剣道家。流派は北辰一刀流。称号は大日本武徳会剣道範士。武道専門学校教授。 高野佐三郎と共に剣道界に大きな影響力を持ち、「西の内藤、東の高野」と言われていた。
タイトルとURLをコピーしました