剣道

剣道のカテゴリーです

剣道

剣道を続けてきて良かったこと

剣道をやってきたことで、自分よりも努力している人にたくさん出会うことができたし 視点が違う考え方にたくさん触れることができました。勝負の奥深さも沢山味わうこと ができました。
剣道

剣道で大切な体の部位

剣道では、腕や手首、胴体、お尻、膝、ひかがみなどどの部位も 重要な働きをしていますが、私が特に大事だと思っていて 強くなるために重要なのが、胴体の 丹田から股下当たりの部位であると考えています。
剣道

剣士に求められるコンディショニング

剣道を継続させて着実に力をつけるためには、健康管理をしっかり行う必要があります。 剣道の健康管理には、怪我・障害対策、食事管理などがあります。一つ目の剣道で起こりやすい怪我・障害対策には、アキレス腱断裂、捻挫、腰痛、貧血、熱中症、 ささくれによる目の怪我の対策があります。
剣道

強豪と戦うためにはどうすればよいか?

強豪選手にとって、相手から勢いがあって、予測しにくい動きをされると怖さを感じると思われます。 なので、よく動きながら相手の隙を見つけて攻めてこんでいくように心がけているといくと、 良い勝負になっていくと考えられます。
剣道

剣道で大きな声を出すためには

剣道で声が出ない原因は一つは体の構造上の問題があります。声が小さい人は丹田が開発されていなくて呼吸が 浅い状態なので、肚から声が出せないというのがあります。二つ目は心理的な問題で自分に自信が無いということがあります。 それは剣道の技術の問題もあるし、日常生活の問題もあります。
剣道

賢い剣道具の選び方

私が一番お勧めする方法は、剣道具店とインターネットの両方を使って、納得できるまで探しまわること です。最初に最寄りの剣道具店を訪問して、店員と相談して、試着をしたりした後インターネットでも 探してもっと安くていいものが売っていないかを調べたりします。その後、一番自分が納得したもの を購入するようにします。
剣道

剣道人口を増やすためには その4

私は常歩剣道をもっと普及させたほうがいいと思います。常歩剣道は、合理的な動作 を身に付けることで、体への負担が少なくてすみます。教わるほうも納得しやすく、より禅や気の 武道の剣道に近ずくと考えられます。
剣道

武道としての剣道とスポーツとしての剣道

これからは、武道としての剣道の良さを広く認知させる取り組みが必要だと思います。 試合の時でも速く打つことよりも、相手の動きを上手くさばいて綺麗に一本をとることだったり、 動作の美しさを競えるようになった方がいいと思います。
剣道

剣道で寒げいこや暑中けいこを行う目的

剣道の稽古で体温調節機能を鍛えていると、どんなに気温が上がっても、下がっても 自分は環境に適応できるという自信がつきます。なので剣道の寒けいこや暑中けいこ は毎年しっかりやり遂げるようにしたほうが良いと思います。
剣道

常歩剣道を身に付ける事の有用性

常歩剣道の動作は合理的なので、その動きを見ている方もスマートで滑らかであるという 印象を受けます。私はこれからの時代は最初に学ぶ段階の時に、常歩スタイルを学べる ようにしたほうがいいと考えています。
タイトルとURLをコピーしました