気功

気功のカテゴリーです

気功

太気拳の稽古法に関する考察

私は剣道の稽古はもう少し取り組みやすいものにした方が良いと思います。これからの子供は 主体性や好奇心などが求められていると感じています。そのためには立禅などの太気拳の稽古を 取り入れることが有用だと私は思います。
気功

立禅の重要な効果

立禅は太気拳の武道的な体つくりをするための重要なトレーニングですが、 その効果は幅広く、日常生活でも役に立つ部分が多いものです。その重要な 役割を説明したいと思います。
気功

立禅で効果をだすためのポイント

立禅はできるだけ毎日継続させてだんだん、負担感が減って楽に姿勢が維持できるように 意識を持って行くことが大事です。膝を曲げてお尻を落とした状態でリラックスして いつまでも持続できることを目指します。
気功

立禅を2年間こなしてみての体験談

立禅は、筋トレが表層筋を高める要素が大部分なのに対して、立禅はより内部の感覚に 働きかける感じです。毎日継続すると、四股のまとまりがよくなったり、中心が強くなる感覚や 重心が丹田に落ち着く感じになってきます。体のきれがよくなっていきます。
気功

立禅に秘められた可能性

私はこのブログで太気拳の立禅と呼ばれるトレーニングを何回も紹介しています。私がこんなに 熱心に立禅を紹介しているのは私がこの立禅というトレーニングが、機能的な体になるのにとても有用だと 感じていて、その割にあまり社会に認知されていないと感じるためです。
気功

立禅とスクワットの違いについて

立禅とスクワットは一見動作がよく似ていますが、立禅は東洋的なトレーニングで、主に内的感覚が養われて、動作が合理的になるのに対してスクワットは主に物理的な筋力が上がります。
気功

太気拳 2

澤井健一氏が創始した太気拳についての紹介をしています。禅と這は体の内部の鍛錬、および内家拳の気の養成である。これに対し、「練り」は、外的な体の鍛錬であり、気を外面にだし、攻撃と防御の方法を身に付けるための稽古法である。柔らかく強靭な体を作ることが目的であるので、体を練る稽古方法は個人によって違いが有っても良い。
気功

太気拳1

澤井健一氏が創始した、拳法の太気拳についての紹介です。中国発祥の拳法で、内家拳に属し、形意拳の流れをくむ拳法である太成拳を日本人の澤井健一氏が恩師の王氏から受け継いだ後太気拳と命名した。立禅と揺りと這について解説しています。
気功

火の呼吸について

火の呼吸は、呼吸筋や横隔膜などのインナーマッスルを鍛えることで、身体の(内分泌系、内筋、神経系)や頭の能力を高めるためのヨガで用いられる呼吸法です。
気功

スワイショウについて

スワイショウは、少しだけひざを曲げて、足幅を肩幅くらいに広げて、両腕を前に円心運動で滑らかな動きで前に出して、振り子のように遠心力で両腕を後ろのほうに半回転させて、もう一度前に半回転させるという動作を、ゆっくりリラックスしながらテンポよくやる気功です。
タイトルとURLをコピーしました