気功

気功

火の呼吸について

火の呼吸は、呼吸筋や横隔膜などのインナーマッスルを鍛えることで、身体の(内分泌系、内筋、神経系)や頭の能力を高めるためのヨガで用いられる呼吸法です。
気功

スワイショウについて

スワイショウは、少しだけひざを曲げて、足幅を肩幅くらいに広げて、両腕を前に円心運動で滑らかな動きで前に出して、振り子のように遠心力で両腕を後ろのほうに半回転させて、もう一度前に半回転させるという動作を、ゆっくりリラックスしながらテンポよくやる気功です。
気功

気功を始めるきっかけ

私が気功を始めるきっかけになった、剣道のことや、藤平光一の著書の「気の威力」や矢山利彦先生の著書「気の人間学」について紹介しています
気功

公園で気功のトレーニングを続ける

私は毎日5時に家を出発して、北郷公園までランニングで移動して公園で2時間程度気功をして、ランニングで帰宅するということを日課にしています。これの内容を記述します。 立禅、這い、スワイショウを毎日欠かさずに行っています。
気功

札幌で気を学ぶ

札幌に移住してきて、より詳しく気功を身に付けようと思い、札幌中央図書館に足を運んで、気功の本を借りて読み漁ったり、太気拳という拳法が有ることを初めて知って、 札幌市内に、太気拳の道場があるので、通ってみる決断をしました。
気功

這いについて

太気拳の基本動作である這いについて解説しています。這いは太気拳に限らず、色々な武道に応用が利き、下半身をぶれなく安定させて、体に重心を下げて、どっしりさせてスムーズに体重移動できるようにするために重要なトレーニングであると考えられます。
気功

立禅について

太気拳の基本動作の立禅について解説しています。立禅は見た感じが筋トレとよく似ていますが趣旨は全く異なっています。筋トレは表層筋が主に鍛えられるのに対して、立禅は、より内部の深層筋や、インナーマッスルを刺激します。毎日継続していると、四股のまとまりがよくなり、体の中心が強くなる感覚があります。
タイトルとURLをコピーしました